About Bush craft

ブッシュクラフトについて

ブッシュクラフトとは何?

ブッシュクラフトとは趣味として楽しむサバイバル技術です。
最低限の道具しか使わないからこそ、現地で素材を調達し、道具を作り出し、知識や技能で補うことでキャンプとは違う醍醐味を味わうことができます。より自然を身近に感じながら自然界から得られる素材を利用したり、工夫したりして楽しく遊びながら生活する知恵を養っていきます。

ブッシュクラフトではどういう道具を使いますか?

自然界にはちょっと工夫するだけで、道具になる物がたくさんあります。

Before

木は自然の中で一番手に入りやすい素材と言ってもいいぐらいです。ブッシュクラフトの中でも一番多く使われています。

After

加工することによって、道具とか、シェルターに変わります。

Before

日本では比較的に手に入りやすい竹ですが、非常に優れている材料であります。

After

少ない手間だけで、水筒や、お茶碗に変身します。

Before

石は川、渓谷で簡単に手にはいります。使い方も様々です。

After

薄い石の破片が、ナイフ代わりになり、木との組み合わせでオノにもなります。

Before

よく観察すれば、つるもとれやすい材料の1つです。

After

蔓が紐代わりになり、シェルター作りや道具を作る際に、必要不可欠です。

Before

春と秋になると、落ち葉はとても取りやすくなります。

After

クッション材料として、保温に大事な役目を果たすことができます。

ブッシュクラフトは具体的に何をしますか?

五感で自然を観察する

目、鼻、耳、口、肌となる五感を使って様々な事を自然から教えてくれています。動物たちの痕跡を探し、生き物、植物、その場の環境から教えてもらうことができます。

足跡

羽毛

動物

シェルター作り

初心者はブルーシートなどのような簡単な道具を使って、簡単なシェルターを作る。

ちょっとおしゃれなシートがあれば、市販のテントに負けないシェルターが作れます。

基礎知識のある方であれば、自然界だけで調達素材からシェルターの作り方をお伝えします。

水を確保する

自然界の中で、まっすぐ水源を見つめることは死活にかかわるスキルです。五感を使っての、水源の探し方をお伝えします。

水源が見つかってからは、いつまでも水辺の側にいるわけにはいけないですので、水を保存する容器の作り方をお伝えします。

清潔な水を保管して、持ち歩けるようになるのは、自然界で生きていく大事なことです。

火起こし(火のコントロール及び後処理)

基本はメタルマッチを使った火の起こし方

自然の木による摩擦熱などを利用する原始的な火起こし術

火を育て、焚き火のコントロールするテクニック

食材を調達する

観察力に頼った果実の探し方

一見、雑草と思われがちな植物も食材にもなり、お茶も作ることも出来ます。

自然界には食べれそうでも有毒なものが多く存在します。命取りにならない為にも未然に正しい知識を身に付けることが大事なことです。

CONTACT

053-988-3022