Disaster prevention

防災・災害に役に立つ知識

ただでさえ災害が多い日本では、災害が起きるまえの準備が当然大事です。実は日常でも起きる事故が多くあります。水難事故、ブロック塀の崩落など思いがけない人為災害、山林部でおきる地滑りのような突然事故などはよく耳にするのではないでしょうか。災害に必要な知識を皆さんに伝えるのが我々の責務であります。

災害がおきる前にできること

1.日常で災害に合わないための知識

防災意識を高めましょう


危険を察知する力を身につけましょう


2.自然災害に備えた準備

災害発生のしくみを理解する

○地震(活断層、群発地震、液状化)
○津波、高潮
○市街地大火、火災旋風
○火山噴火、火砕流、溶岩流
○風水害(台風、集中豪雨、洪水、竜巻、豪雪)
○土砂災害(土砂流、がけ崩れ、地すべり)

災害にかかわる情報を知る

○気象予報、警報・注意報
○警戒宣言、避難勧告
○安否情報、被害情報の発信・伝達・収集
○災害報道、インターネットの活用
○流言、風評被害
○最新の地震活動、地震危険情報
○被害想定、ハザードマップ
○災害観測・防災システム(防災GIS、リアルタイム地震学など)

いのちを守る知識を手に入れる

○応急手当の基礎知識
○心肺蘇生法、AEDの操作方法、大出血時の止血法、傷病者管理法、けが・骨折の応急手当、運搬法など

災害が起きた後必要な知識

災害時も役立つシェルター作り方

シェルターの作り方とその役割タープを張るときにも役立てる基本テクニック。
野営で、雨風をしのいで体を休めるには、テントやタープが必需品です。
日常でも使えるロープワークやタープの張り方も覚えておくといざと言うときに役立ちます。

泥水の濾過

災害などの際に起こり得る水不足対策に泥水の濾過を紹介します。
ライフラインが止まると、水が手に入らなくなります。
水は飲むだけでなく生活の中でもさまざまな場面で使用されます。
ペットボトルで泥水の濾過を行い、さまざまな活用ができます。 事前に学んでおくと、万が一の時に役立ちます。

ペットボトルの底を切り取り、注ぎ口の部分が下向きとなるように逆さまに固定します。

泥水を濾過します。

何度も濾過することで、泥水だったと思えないくらいの透明度の水になります。

体温を保つ

体温を保つためには
①ぬれない
②風に当たらない
③自分の体温より低いものに触れない
自分の服の内側にふわっとした乾いた落葉を入れておくと保温効果があります。
服はナイロン素材の雨具があれば外気を遮断してくれるのでおすすめです。

遭難時に必要な知識

1.まずは自分自身の命を守ることです。


2.助かるための知識を覚えること。


CONTACT

053-988-3022